MENU

生活習慣

20代なのに精力が弱い方もいれば、50代でも現役バリバリという方もいます。基本的に年齢とともに精力は減退しますが、このような違いが出る理由はなんといっても生活習慣。

 

もし今よりも精力アップしたいのであれば、精力剤を飲むことはもちろん生活習慣も改善できるところは改善するべきでしょう。

ヘルシーな食事

勃起力が低下する要因の一つが、高コレステロールや塩分の多い食事などによって進行する動脈硬化です。

 

基本的に動脈硬化は年齢とともに進行しますが、生活習慣の影響を大きく受けます。動脈硬化で血管が硬くなると陰茎の血管が拡張できなくなり、勃起ができなくなったり中途半端になってしまいます。

 

なので血液がさらさらになるようなヘルシーな食事を心がけることが大切です。

ストレスを溜めない

長期にわたってストレスがかかり続けると、交感神経優位となって血管が収縮し高血圧を招きます。高血圧は動脈硬化を進行させてしまいますから、勃起力はどんどんと下がっていってしまうわけです。

 

またストレスによって男性ホルモンの分泌が減ることもわかっているので、定期的にストレスを発散する習慣を身につけましょう。

適度な運動

筋肉を鍛えれば鍛えるほど男性ホルモンであるテストステロンが増えることがわかっています。ムキムキの男性はいかにも精力が強そうですが、実はその通りなんですね。

 

基本的年齢ともに男性ホルモンは低下しますから、運動を習慣づけて男性ホルモンを活性化させましょう。

十分な睡眠

男性ホルモンは活動中に消費され、睡眠中に分泌されるため寝不足が続くと男性ホルモンの量が回復しきらないまま日中活動することになります。

 

日本人の3人に1人は睡眠が十分でないと言われることもありますから、たっぷりと睡眠時間を確保できるように意識しましょう。

タバコの本数を減らす

タバコは動脈硬化を飛躍的に進行させることで有名で、血管以外にも身体の老化を促進させてしまいます。

 

禁煙できるのが一番ですが、難しい場合はなるべく本数を少なくして男性寿命を延ばせるよう頑張りましょう。