MENU

ホルモンでハゲる?

女性よりも男性がハゲやすいのは男性ホルモンがあるからだという説明はなんだか納得できます。確かに男女の身体の内部の違いで大きいのは、ホルモンであることは事実です。

 

では男性ホルモンが多いからハゲやすいのかというと、これは完全に間違い。男性ホルモンであるテストステロンが一番多いのは20歳前後ですが、むしろ男性ホルモンが下がりだす30代から抜け毛が増えやすくなります。

 

このように男性ホルモンの量とハゲは相関関係にはありません。では何が原因かというとテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素のよって「ジヒロテストステロン」に変化してしまうと抜け毛が増え始めます。

 

つまり5αリダクターゼもしくはジヒロテストステロンこそが注目すべきポイントでもあるのです。なので精力剤を飲んで男性ホルモンが増えるとハゲが進行してしまうというのは誤り。

 

これが年齢を重ねて男性ホルモンが減っていくのにも関わらず抜け毛が増える理由です。

どうすればいい?

間違ってもテストステロンを減らそうとしてはいけません。テストステロンが極端に減ると男性更年期障害を発症し、うつ傾向や精力の減退、不眠や動悸などが現れる場合があるからです。

 

そのため5αリダクターゼを減らしたり、ジヒロテストステロンを減らすのが効果的です。

 

5αリダクターゼを減らすにはノコギリヤシや亜鉛がいいと言われています。亜鉛は精力剤にも含まれますが、ノコギリヤシは専用のサプリから摂る必要がありそうですね。